3年制と4年制の違い|働きながら通いたい|夜間の専門学校で理学療法士の資格を取得

働きながら通いたい|夜間の専門学校で理学療法士の資格を取得

文房具

3年制と4年制の違い

ウーマン

3年制の特徴

理学療法士になるためには、専門学校に通って所定の単位を修める必要があります。ところで理学療法士の専門学校には3年制と4年制があり、それぞれに特徴があります。3年制の専門学校の場合は、1年次に基礎科目・2年次に専門科目を学んでから、3年次に実習授業をするカリキュラムです。短期間で学ぶ必要があるため、やや詰込み型学習になる傾向です。したがって基礎学力や集中力がある学生の方が向いています。しかし留年しなければ早く理学療法士の資格を取得できるため、早くから就職できるメリットがあります。また就職状況は4年制とそれほど差がないといわれています。ただし今後学習年限が3年から4年に引き上がる可能性があるので、これからの変化に注目が集まっています。

4年制の特徴

全国各地に理学療法士になるための専門学校が設立されていますが、3年制と4年制の学校に分かれています。それぞれに特徴がありますが、ここでは4年制の専門学校について取り上げます。4年制の場合は1年次から3年次までに習った基礎科目や専門科目を、4年次の実習に生かすことになります。就業年数が3年制と比べ長い分じっくり学べて、更に学習に対する負担感が少ないメリットがあります。短期間での詰込みでは不安があり、最初から段階的にコツコツ学びたい学生は4年制の専門学校が向いているでしょう。また4年間学ぶことで大学卒業とほぼ同等の扱いになるため、初任給に反映されることがあります。例えば国公立系の病院に就職すると、3年制よりも給与が高くなるケースがあります。