放射線技師を目指そう|働きながら通いたい|夜間の専門学校で理学療法士の資格を取得

働きながら通いたい|夜間の専門学校で理学療法士の資格を取得

文房具

放射線技師を目指そう

婦人

まずは学校へ通いましょう

放射線技師になるには、まず診療放射線技師国家試験を受けるための資格を得ることが出来る大学や専門学校に通う必要があります。何故なら放射線技師になるには必ず免許が必要であり、その試験を受ける資格を得られるのは定められた学校を卒業する以外の道はないからです。そして学校を卒業して試験に合格すると厚生労働大臣から免許が与えられ、免許を取得すれば病院で働くことが出来るようになります。ですので放射線技師になるには、とにかく学校に入学し卒業する必要があります。まずは専門学校へ通いたいのか大学に行きたいのか短大に行きたいのか、どの学校に通うのが自分に一番適しているのか調べるところから始めましょう。専門学校や短大へ行くか大学に行くかによって、通う年数は異なるので注意して下さい。

試験の合格率

放射線技師になるには試験を受けることになりますが、その合格率はおよそ7割程度です。つまり学校に通ったのに3割の人間が受からないということになります。とはいうものの放射線技師の国家試験は合格人数が決まっているわけではなく、受験者が合格基準の正答率に達していれば合格になります。そのため年度によって難易度の差はあるかと思いますが、周囲の正答率に関係なく自分の頑張り次第で合格することが出来るのです。この試験はマークシート方式になっており、選択式なので記述式よりも楽だといえるでしょう。しかし記載ミスにだけは注意して下さい。もし放射線技師になりたいと思ったら、まずは各校のパンフレットを取り寄せたりインターネットで確認して志望校を決めましょう。