働きながら通いたい|夜間の専門学校で理学療法士の資格を取得

男女

放射線技師を目指そう

婦人

放射線技師になるには、まず決められた学校を卒業する必要があります。そして卒業して初めて、放射線技師の免許を取得するための国家試験を受けることが出来る資格を得ることが出来ます。もし放射線技師になりたいなら学校について調査して、志望校を決めるところから始めましょう。

詳しく見る

百貨店のような学校

勉強

大阪で医療系の資格取得がめざせる学校に、大阪医専大学があります。夜間もあるので、働きながらでも学べる体制が整っています。また、高い就職率を誇っているのも特徴でしょう。

詳しく見る

3年制と4年制の違い

ウーマン

プロの理学療法士を目指すなら、所定の専門学校で必要な知識や技術を学ぶ必要があります。また専門学校には3年制と4年制があり、それぞれに特徴があります。3年制の場合は若干詰込み型になりますが、その分早く就職できます。一方で4年制の場合は、じっくり学べるメリットがあります。

詳しく見る

医療現場のスペシャリスト

メンズ

働きながら通いたい

理学療法士は、起き上がりや立ち上がり、歩くための訓練など、運動機能を物理的に回復させるためにサポートする仕事です。つまり運動機能回復のためのスペシャリストといっても過言ではありません。最近では病院だけでなく、高齢者の保健施設やスポーツの分野でも活躍の場が広がっています。理学療法士になるには、高校卒業後に大学や短大、専門学校で学び国家資格に合格する必要があります。一般的には昼間に通学することが多いですが、働きながら学びたい、家庭を持っている人が夜間に学校へ通いたいなどといった人のために、夜間部を設けているところもあります。夜間部は全国的には4年制が主流になっています。授業時間数の確保や臨床実習、国家試験対策を十分にする必要があるからです。しかし中にはもっと短期間に取得を目指す人のために3年制の夜間部を設けている学校もあります。自分にとって向いているのがどちらなのか、内容を精査する必要があります。

3年と4年どう違うのか

理学療法士になるための学校選びで、夜間部3年制と4年制では単純に通う年数が違うだけではありません。3年制と4年制では取得できる資格が異なります。4年制ではじっくりと学習を積み重ねることが可能なために、卒業時には高度専門士が取得できます。特に実習時間の確保が保たれているために、就職した際に実戦力があると言われています。3年制では、専門士という資格を得てより早く現場に出ることが可能です。家庭の事情などで少しでも早く現場で働きたいという人にとっては魅力的です。ただし、3年制での学習はかなりハードで、かつ夜間部での3年制を選択することは固い決意をもって挑むことが前提となります。理学療法士は患者さんの思いをくみ取るやりがいのある仕事です。夜間部の利用は、今まで医療現場に携わっていない人でも道を開くことが可能とも言えるのです。